落ちるリンゴを待つな

新社会人おめでとう。
君は今どんな職場で出発の日を迎えただろうか。
それがどんな仕事であれ、そこは君の人生の出発点になる。
仕事とは何だろうか。君が生きている証が仕事だと私は思う。
大変なことがあった東北の地にも、今、リンゴの白い花が咲こうとしている。
皆、新しい出発に歩もうとしている。
君はリンゴの実がなる木を見たことがあるか。
リンゴ園の老人が言うには、
一番リンゴらしい時に木から取ってやるのが、大切なことだ。
落ちてからではリンゴではなくなるそうだ。
それは仕事にも置きかえられる。
落ちるリンゴを待っていてはダメだ。
木に登ってリンゴを取りに行こう。
そうして一番美味しいリンゴを皆に食べてもらおうじゃないか。
一、二度、木から落ちてもなんてことはない。
リンゴの花のあの白の美しさも果汁のあふれる美味しさも
厳しい冬があったからできたのだ。
風に向かえ。苦節に耐えろ。
常に何かに挑む姿勢が、今、この国で大切なことだ。
夕暮れ、ヒザ小僧をこすりつつ一杯やろうじゃないか。
新社会人の君達に乾杯。

               伊集院 静

(サントリー酒類株式会社広告より)

今年も恒例の新聞広告が掲載された。
仕事に対しての取り組む考え方が如実に現されているな、と感じた。
仕事は受け身では面白くもないし、遣り甲斐も感じられない。
自分から向かっていってこそ達成感が味わえるものだ。
古稀をすぎても、まだまだ働けることへの感謝とともに、
新しいことへのチャレンジをこれからも続けていこうと
気持ちを新たにしている。

コメント 停止中