カテゴリー : 2013年 4月

可能性にむかって、汗をかけ。

新社会人おめでとう。今日、君はどんな街で、どんな職場で、
どんな仕事に就いただろうか。
どんな仕事で、どんな職場であろうが、そこが君の新しい出発点だ。
そこには必ずかがやく君の明日がある。今の君には見えないかも
しれないが、仕事とは何かをかなえるためにあるんだ。
何かとは、まぶしい明日だ。未来だ。
信じて欲しい。仕事とは素晴らしい可能性を持つものなのだ。
そのためにはベストをつくせ。
可能性にむかって、汗をかけ。
私たちが信じた可能性を君たちも信じてくれ。
信じるもののために、汗を惜しむな。
今、君が出す汗が、どれほど貴重で、どんなにまぶしいか
やがてわかる時がくる。
フレッシュマンよ、今日からは自分だけのために生きてはいけない。
仕事とは誰かを、社会をゆたかにするものだ。
その汗は、苦しい、辛いことをともなうぞ。
くじけそうになった日は、夕刻、美味い一杯をやれ。
そうすれば、明日もやれそうだと力が湧いてくるものだ。

まぶしい君に乾杯。

              伊集院静